記事一覧

ノルバスクの「頭が痛い」という副作用

ノルバスクは、成分名をアムロジピンという高血圧治療薬の一種です。適応症としては狭心症、高血圧症の2つを持っていて、いずれの疾患に対しても非常に広く使われる薬です。ノルバスクを服用する際の注意事項として、どのようなものがあるのか考えてみると、まずは降圧薬であることから来る「当たり前の副作用」として、血

2019年10月11日
高血圧が軽度ならカテキン入りのお茶とノルバスク服用を

日本には、高血圧症を患っている人が多いです。高血圧症になると、さまざまなリスクが体に生じてきます。高血圧症にならないためには、塩分を減らした食生活と適度な運動を行うことが基本になってきます。あわせて、お茶を飲むことも、高血圧対策として有効だとされています。お茶の成分であるカテキンは、強力な抗酸化作用

2019年09月09日
ノルバスクの特徴と経産婦について

経産婦は出産の経験があるので、出産が初めての妊婦に比べると短時間で出産できるというメリットがあります。また出産が軽くなるので、余裕を持って出産をすることができます。経産婦はある程度の知識と経験があるので、体調不良の原因薬などを把握していることが多く、授乳をする場合に赤ちゃんに悪影響を与える原因薬など

2019年08月10日
多剤服用の患者にOD錠は無意味?

高血圧症の治療薬として、ノルバスクが非常に熱い注目を集めています。ノルバスクは、第三世代のカルシウム拮抗薬に分類される医薬品です。大まかなメカニズムとしては、カルシウムが血管に入り込むのを阻止することで、血管の収縮を防ぎ、血流が良くなって、血圧を正常に保つ、というものです。ノルバスクの特徴として、緩

2019年07月21日
ノルバスクOD錠の苦味を感じる問題

高血圧症は、現代日本が解決を迫られている社会的課題であると言っても、決して過言ではないでしょう。いまや、4300万人とも推定されるほどの多く

2019年07月04日